Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://mukong.blog36.fc2.com/tb.php/4-a7506a06

-件のトラックバック

-件のコメント

[C14]

パタヤはなんか違う、雰囲気ですねw ファランが多くいるところは、タイではない気がします、プーケットのパトンとか、ナナプラザ周辺とかですね。 まーその雰囲気も好きですが…。 

[C15]

タオさんどうもです。

そうなんです、僕の去年のローイクラトンはバンパコン川っていうチョンブリ近くの川でやったのです。

そこはでっかいいかだの上のレストランなのですが、タイ人しかいない完全古式ローイクラトンって感じで楽しかったです。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

ローイクラトン・イン・パタヤなのです。その1

パタヤのローイクラトンはビーチロードに人がいっぱい、いっぱい居ました。
以上、レポート終わり・・・ (^^;)


ほんとはあんまり繰り出したくなかったのです・・・お仕事で疲れ気味だし・・・なによりも、某呑み屋のお気に入りのコに、
「11月16日はあたしの誕生日だしローイクラトンでもあるから何かプレゼントくれ、ちょうど携帯電話が盗まれちゃったし・・・でもって、パーティやってくれ、友達いっぱい呼ぶからさあ!!」
って、ふざけたこと言われていたもので・・・ソイダイヤモンド周辺は近づけないし・・・でも、まあ、ブログも始めたことだし、リクエストもあるので行ってきました、ローイクラトン・イン・パタヤ!!

腹ごしらえを終えたのが夜7時ちょっとすぎ、(ローイクラトン日の会社は定時終了が慣例です)この時間だとウォーキングストリートは一部を除いて準備中ということで、まずはソイパタヤランドを目指す。

呑み屋に入る前に海岸をウオッチング。
おー、居る、居る、蟻の行列のように・・・海岸と隣接した歩道に人波がうごめいている。
まずは対岸の歩道から写真とビデオを撮ってと・・・さて、こんどは僕も人波の一部となって写真とビデオを撮りつつ散策。

恒例のクラトン(注1)屋台(注2)の隙間を縫うようにして人波の中を泳ぐ。
今年のクラトンはカラフルで可愛い感じのものが多い。クラトン売り屋台も自分のテーマを持って作っているようだ、屋台ごとにそれぞれ特色のあるクラトンを売っている。

そのクラトンを持って歩いているカップル達。
ファランとタイ女性のカップルが多い、さすがパタヤ。
見慣れぬお祭りに参加するのが嬉しくってしょうがないって感じのファランが多い。
もうニコニコして左手にクラトン、右手に花火を持ち、腰にタイ女性をぶら下げて歩いている。


でもこういうファランは曲者で、いつ花火を破裂させるかわからない。ロケット花火を水平にして人込みに放つやつも多い。ぶつけられた人があせっているのを見て「イェーイ!!(ニコニコ)」なんてやってる・・・(ぶつけられた経験あり・・・)

そんなハチャメチャファランを警戒しつつ海岸に出てみる。
砂浜には、いつもは夕方になると片付けてしまうビーチチェアーが、まだ並んでいる。そこに腰掛けて談笑したり食事を摂ったりしている人々は、普段とは違う夜を満喫しているようだ。

僕は、お祭り特有の非現実感と、なんともいえない浮かれた雰囲気に子供の頃の夏祭りを思い出していた・・・ああ、いいなー・・・と!それをつんざく大音響が響き渡った。

ズバーン、バリバリ・・・ドヒャー!!ズバーン、ズバーン!!イェーイ!!イェーイ!!

また、ハチャメチャファランが打ち上げ花火をあげ始めたのだ。
タイの花火には大音響を立てる物がある。わかっていても度肝を抜かれるほどの音だ。

ロークラトンは精霊流しをちょっと派手にしたぐらいのイベントで、静かに?これまでの厄流しと将来への希望をクラトンに乗せ、精霊たちに送り届ける行事のはず(勝手な思い込みです(^^;))なのに・・・糞ハチャメチャファラン達はぶっ壊してしまう・・・なんでもかんでもバカ騒ぎクリスマス状態にしてしまうんだから・・・もう。(でもファランの作ったシステムのバカ騒ぎア・ゴーゴーは好きです(^^;))

花火に追われるように砂浜をあとにする。
さて、とりあえずはソイパタヤランドのミスティーに入ろうとしたらチュットタイ(タイ古典的正装)を着たおばちゃんが僕の右腕にしがみついてきた。
「久しぶりー、キットゥンキットゥン」
だが、こんな化粧の濃いおばちゃん呼び込みは見たことが無い。
「誰?あんた」
「え?忘れたの?よくコーラ奢ってくれたじゃん」
「う~~~~ん、ああ・・・??」
とまあ、面倒くさいからとりあえず生返事し、右腕におばちゃんをぶらさげたまま店に入った。

で、薄暗い所で顔をよく見ると(^^;)・・・おー、いつもくっついてくるデックサーブ(ウエイトレス)だった。
なんでまたそんなおばちゃん化粧をしたのか・・・化粧とった方がいいんじゃない?って言ったらすねてました(^^;)

まあ、僕はジントニックを注文し、いつものようにそのコにコーラを奢る事にしたのだが、注文を聞きに来たデックサーブがそのコを見て、あんた誰?って真面目に聞いてたのには笑った。

その店でもハチャメチャファラン大活躍・・・ローイクラトンスペシャルバージョンとなっていた。
長くなったので以下次回です(^^;)


お気に召しましたら、人気blogランキングへ

注1、 構造は・・・まあ、平たくて丸い発泡スチロールをベースにし、その回りをバナナの葉等で飾りつけ、その上に花や線香やろうそくやビーズ等でデコレートしたもの・・・ということでしょうか。昔はすべて自然に帰るもので作られていましたが、今は発砲スチロールやプラスチック等で出来ているため、環境問題になっています。ちなみにローイクラトンのローイは浮くという意味。

注2、 全然ちがう仕事で生計を立てている人たちが、この時期だけクラトン売りに変貌します。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://mukong.blog36.fc2.com/tb.php/4-a7506a06

0件のトラックバック

2件のコメント

[C14]

パタヤはなんか違う、雰囲気ですねw ファランが多くいるところは、タイではない気がします、プーケットのパトンとか、ナナプラザ周辺とかですね。 まーその雰囲気も好きですが…。 

[C15]

タオさんどうもです。

そうなんです、僕の去年のローイクラトンはバンパコン川っていうチョンブリ近くの川でやったのです。

そこはでっかいいかだの上のレストランなのですが、タイ人しかいない完全古式ローイクラトンって感じで楽しかったです。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

ムコン

Author:ムコン
酒タイ!管理人ムコンです。
とうとう在タイ10年を越えてしまいました(^^;)
タイに関わってからも20年越えました・・・年が知れますね・・・もう日本に帰れない体になっていると思います(^^;)。
バンコク・パタヤの酒呑みシーンを新旧織り交ぜて綴って行きたいと思います。
・・・・・
更新が遅いのは勘弁して下さい(^^;)

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

ちょっとクリック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。